子どもたちのIQが上がった!

 百マス計算で有名な陰山英男先生はソロバンについてこう語っています。「高度な学習をできる子というのは、学習したことや本で読んだことを 頭の中でイメージ化できる子です。頭の中でソロバンの玉が動くということを聞きますが、それが秘密ではないかと思ったのです。(中略……)平成16年9月から土堂小学校1年生に、そろばん学習を導入、半年後に簡単なフラッシュ暗算もできるようになり、そろばん導入が脳にどのように影響を与えているかを調べてみると、何と知能指数平均が118と信じられない高さまで上がっていました。全校的にも、標準以下の子は一割少々しかいませんが、1年生はほとんどいなくなっていたのです。子ども達の授業への反応は速く、教師の方が次の教材の準備がたいへんになるほどでした。」 (著書「学力の新しいルール」文藝春秋社刊より抜粋)

 

 

「いろんな習い事をしたけれど、一番役に立ったのは、ソロバンでした!」

こう話すのは、京都大学工学部大学院生のY・I君(愛知県出身・滝高校卒)です。「ソロバン、ピアノ、英会話、 スイミングと小学生の頃は、習い事をたくさんしました。でもその中で一番役に立ったのはソロバンです。小学校を卒業するまで通い、 2 級でした。実感として高校入試や大学入試センター試験の強力な武器になったと思います。特にセンター試験は時間との戦いです。ソロバンで鍛えた暗算力のおかげで確実に時間短縮ができました。僕もSOROBAN塾ピコに意見を出しています。経験者の僕は、絶対にいいと思うので、ソロバンを推薦します。」

 京大個別会は、全国の高校生に大学受験指導をしています。講師はすべて京大生。登録している京大生全員に、子供の頃からの習い事を詳しく書いてもらっています。今では数百名のアンケート結果が積み上がりました。すると次のようなことがわかりました。習い事の1位は、ピアノ。ほとんどの京大生が、一度はピアノを習っています。しかし現在でもひける、ひいているという学生は少なく、習ったものの、修得するまでにやめているのが現状でした。案外少なかったのは、英会話と公文。それに反して、意外にも多かったのがソロバンだったのです。ソロバンについては、習っていたすべての学生が途中でやめることなく、中学校にいくまで続けていました。そして3級以上を取得しており、2級・1級・段位者もいます。誰もが「やってよかった。一番役に立っている。」口をそろえました。

 

京都大学法学部 S・I 君

「法学部なので文系ですが、二次試験でも数学があります。僕は数学が得意だったので、とても得をしました。センター試験でもほぼ100%。ソロバンのおかげだと思います。ソロバンをやっているうちに計算が速くできるようになり、やがて数学が大好きになりました。小学校のときにソロバンをやっていて、本当に良かったとおもっています。」
 

※ このコメントは2012年のものです。

お問い合わせ

TEL: 092-980-1753

月曜日~土曜日
15:00~19:00

 

お問合わせはこちらから